【障がいのある方の就職をサポート】
メモを取ることは大切!

こんにちは、Fine米子オフィスの窓から見える街路樹も、オレンジや黄色に紅葉し

だんだんと冬が近づいてきている気配を感じます。

 

今日のグループワークでは、「メモの取り方」に取り組みました。

仕事をする上で、上司や先輩からの指示、作業手順やスケジュール、電話対応…

多くの場面でメモを取ることは必要になってきます。

ミスをなくして効率良く仕事を行う事や、要点を明確に「報告・相談・連絡」することは、とても大切です。

 

「急いで書いたら後で読めませんでした」

「話されるスピードが速くてメモが間に合いませんでした」

など、色々なメモを取る上での困ったことを伺いながら、

訓練プログラムで、実際に就労した時を想定し、実践的な内容の指示を聞いて

メモを取っていきます。

支援員が口頭で伝える指示を参加者が、メモしていきます。

皆さん、集中して訓練プログラムに取り組まれていました。

 

早く書くために省略しすぎると、

「M」…ミーティングなの?メールなの?なんの「M」だっけ(>_<)

となったり、聞き間違えや書き間違えなど、いろいろ問題が発生します。

メモを書いたら復唱して確認することも大切なポイントです。

 

Fine米子オフィスでは、実際に就労を想定し、基礎的なことから、実践的な内容の

訓練プログラムをご用意しています。

実際にFine米子オフィスへ来所されて、どんな取り組みをしているか見学・体験されてみませか?

お問合せお待ちしています。

電話番号:0859-57-4922

月曜~土曜 午前9時~午後6時

PAGE TOP